トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

元KAT-TUN田口容疑者逮捕 大麻所持容疑で

2019年5月23日 紙面から

関東信越厚生局麻薬取締部から移送される田口淳之介容疑者(七森祐也撮影)

写真

 アイドルグループ「KAT−TUN」の元メンバー田口淳之介容疑者(33)=東京都世田谷区=が22日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、女優の小嶺麗奈容疑者(38)=同=とともに、関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。芸能界で相次ぐ大麻・薬物汚染に激震が走った。

 逮捕容疑は共謀して22日午後1時45分ごろ、世田谷区のマンションの自宅で、数グラムの乾燥大麻を所持していた疑い。麻薬取締部は、自宅から乾燥大麻と大麻を砕くための「グラインダー」と呼ばれる器具や数十枚単位の巻き紙など、吸引用とみられる証拠品を押収した。関係者によると、大麻数グラムは「何回も吸える量」。同部は2人の認否を明らかにしていないが、取り調べには素直に応じているという。販売に必要な計量器具は見つかっておらず、同部は2人が常習的に使用していた疑いがあるとみて入手経路などを追及していく。

 田口容疑者と小嶺容疑者は結婚していないが同居しており、麻薬取締部は「内縁関係と考えている」としている。自宅に捜査が入った時は2人とも在宅だったという。

 田口容疑者は2006年、KAT−TUNのメンバーとしてCDデビュー。16年3月にグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退社した。ソロで活動してきたが、大手レコード会社との契約は昨年終了していた。事件当時は個人事務所を経営。「COSMOS CITY」と題した全国ツアーの予定をインスタグラムに掲載。7月5日のHEAVEN’S ROCKさいたま新都心を手始めに、17カ所19公演が予定されているが、開催は絶望的とみられる。小嶺容疑者は多くのテレビドラマや映画などに出演。過去には覚醒剤撲滅を訴える公共CMにも起用されたことがある。現在の職業については、田口容疑者の事務所の従業員と説明している。

 KAT−TUNを巡っては、別の元メンバーである田中聖(33)も17年5月、東京都渋谷区の路上に止めた乗用車内で若干量の乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで警視庁に現行犯逮捕されたが、不起訴になっている。

◆微笑?で移送

田口容疑者を乗せた車(岩本旭人撮影)

写真

 田口容疑者と小嶺容疑者は22日午後6時30分すぎに東京都千代田区の関東信越厚生局麻薬取締部から港区の東京湾岸署に移送された。

 報道陣約200人が見守る中、まずは田口容疑者を乗せた移送車が出発すると無数のフラッシュがたかれた。通行人も足を止めてスマートフォンなどで撮影。田口容疑者は後部座席中央に座り、黒のジャケット、眼鏡をかけ、微笑のような表情を浮かべた。2分後には青いシャツに黒系の上着をはおった小嶺容疑者の乗った車も発車、東京湾岸署に到着した。

◆ラジオ番組中止

 大阪のABCラジオは田口容疑者の逮捕を受け、6月1日に予定していた特番「田口淳之介の電波工作〜電フェス!!〜」(午後9時30分)放送を中止すると発表した。代替番組は検討中という。

 公式ツイッターなどによると、今年1月6日から3月24日まで日曜午後4時枠で放送されていた田口容疑者の冠番組の特番。今月18日に大阪市内で行われた公開収録の模様を届ける予定だった。

 田口容疑者は22日午後1時45分ごろに逮捕されたが、その日午前に自身のツイッターを更新し「#電フェス6/1 21:30〜OA」と書き込んだ。特番「田口淳之介の電波工作」を宣伝したようだが、ツイートは逮捕直前だったとみられる。

◆「これから女優をプロデュース…」

 田口容疑者は、20日に大阪のテレビ局を訪れていた。6月1日には大阪のABCラジオの番組イベントに出演予定だった同容疑者。関係者によると、20日は10代の新人女優を伴ってテレビ局入り。「これからは女優をプロデュースしていきます。社長なんで」と上機嫌で語っていたという。

◆小嶺容疑者「金八先生」に出演

移送のため関東信越厚生局麻薬取締部を出た小嶺麗奈容疑者(七森祐也撮影)

写真

 小嶺容疑者は1995年、映画「水の中の八月」に出演。同年にはTBS系の人気ドラマ「3年B組金八先生」に生徒役で出演、2006年映画「初恋」ではヌードにも。田口容疑者との交際発覚後の12年に映画「ボレロ」に出演したのが女優としての最後の出演になっていた。01年に写真集「麗奈」を出版。覚せい剤撲滅キャンペーンの公共CMに登場したこともあった。

◆交際12年、結婚視野か

 田口容疑者と小嶺容疑者の交際は12年にわたるとされている。2007年ごろから交際がうわさされ、09年には2人でハワイ旅行に向かう姿を夕刊紙にキャッチされていた。田口容疑者が16年3月にグループを脱退。その半年後には本格的に同居を始めたと報じられた。

 週刊誌記者から直撃を受けた際、田口容疑者は小嶺容疑者との交際を認めた上で「いつかは責任のある行動をとらないと…」と答え、結婚を視野に入れていることを明かしていた。

 同年11月、インディーズシングル「HERO」でソロデビューし、17年4月にはシングル「Connect」でメジャーデビューを果たすも、昨年11月をもってユニバーサルミュージックとの契約が終了。現在も歌手活動を続けながら個人事務所を運営し、小嶺容疑者は田口容疑者のマネジャー的な立場で仕事にも同行していたという。

 田口容疑者は今年4月、週刊文春のデジタル版「文春オンライン」でのインタビューでKAT−TUN脱退について「純粋に、“人生一度きり”って思ったのが、そのタイミングだったんでしょうね。俺の頭の中にあったのは、『後悔しない生き方をしたい』『いくつになっても輝いていたい』ということ」と答えていた。違法薬物に手を出してしまったことを今、後悔しているのだろうか。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ