トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

山口真帆、私は「黒い羊」 卒業公演で意味深選曲

2019年5月19日 紙面から

卒業公演を行った(左から)山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこ

写真

 昨年12月に男2人から暴行被害を受けた、アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市のNGT48劇場で菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)とともに「『太陽は何度でも』公演」と題した卒業公演を行った。当初は3人のみの出演予定だったが、ほかのメンバー7人が登場して3人を見送った。卒業後について長谷川は声優を目指すことを宣言したが、山口と菅原は明言せず。芸能活動は続けるとみられる。

 山口の心の内が見えたのが中盤、スペシャルゲストとしてNGT48の小熊倫実(16)ら5人が登場した時だった。

 卒業する3人は5人とともに欅坂46のヒット曲「黒い羊」を披露。「黒い羊」とは「のけ者」や「厄介者」を意味する。同曲では生きることの葛藤、他者との共存・対立などでもがき苦しむ姿をコンテンポラリーダンスで表現する。グループは事件を発端とした混乱が収束せず、山口自身も運営側の対応を批判する発言を続けていた。「黒い羊」にNGTやAKSに対する強烈なメッセージを込めたかのようだ。

 予想外の選曲に場内のファンからどよめきが起こる中、欅坂のセンター・平手友梨奈(17)のポジションをつとめた山口は、平手に勝るとも劣らない迫真のパフォーマンスでファンに訴えかけた。

 公演はNGT48のオリジナル曲「Maxとき315号」でスタート。山口が劇場公演に立つのは卒業を発表した4月21日以来1カ月ぶり。「3人での最後の公演なので、みなさんに笑顔になってもらえるようにがんばります!」と笑顔で呼びかけた。

 これまで48グループのメンバーたちの卒業公演は、卒業するメンバー以外も出演し祝福されるのが恒例。事前に出演者として告知されたのは3人のみだったが、公演の中盤で5人、アンコールでは2期生の渡邉歩咲(18)が駆けつけた。山口は長谷川、菅原に続いて手紙を朗読。事件後、2人が寄り添ってくれたことを涙ながらに感謝した。

 その後、AKB48グループの秋元康総合プロデューサー(61)が3人のために書き下ろした卒業ソング「太陽は何度でも」を熱唱。山口は「こんなすてきな楽曲を歌えてうれしかったし、みなさんに聞いていただけて幸せでした」と感激の面持ち。終盤は事件後、長谷川、菅原とともに山口に寄り添った村雲颯香(21)が登場。3人にプレゼントを手渡し、手紙を読んだ。

 お返しとして3人はファンあての手紙を朗読。長谷川は卒業後、声優転身を目指し声優プロダクションの面談を受けたことを明かした。ほかの2人は卒業後について言及せず。2時間半の公演のラストはAKB48の「桜の花びらたち」だった。

◆ファンからは冷ややかな声も

 この日、会場には約70人の報道陣が駆けつけた。終演後、劇場周辺では報道陣が公演を鑑賞したファンたちのコメント取りに奔走。その様子を見守るやじ馬も周辺に殺到し、警察が出動する騒ぎになった。

 新潟県内に住む30代の山口ファンは「こんな感じで卒業させてしまって申し訳ない気持ちでいっぱい」と心境を吐露。「黒い羊」について、「山口さんが倒されたりするダンスは、今回の事件を現していると思った。今後、NGTのファンを続けるかどうかわからない」と話した。

 同じく20代の女性は「こうなってしまったけど、今後も前向きに応援していきたい」と山口にエールを送った。一連の騒動について「ネットの情報とか見ているうちに、何が正しくて何が間違いなのか分からなくなってしまった」と話した。

 東京から来た菅原ファンの40代の男性は「秋元さんに曲も書いてもらったし、結果、いい卒業公演になったと思う」と笑顔。しかし、「今日でNGTのファンは卒業します」と宣言した。

「黒い羊」を披露した山口(左から2人目)らNGTのメンバーたち

写真

◆出演7人だけは本人たちの希望

 終演後、同劇場の早川麻衣子新支配人(44)は7人以外のNGTメンバーが出演しなかったことについて、「3人の希望。出たいと言っている子はいましたが、山口に直接連絡したかどうか」と説明。7人以外は来場しなかったのは「止めました」と明かした。

 山口たちが歌唱した欅坂46の「黒い羊」は先方のレコード会社に許諾を掛け合ったという。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ