トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

出会いの共演から8カ月 スピード&授かり&令和ベビー!川栄!

2019年5月18日 紙面から

2人の出会いとなった舞台「カレフォン」。会見に出席した川栄李奈(左)と廣瀬智紀=昨年10月4日、東京・有楽町で

写真

 元AKB48で女優の川栄李奈(24)が俳優の廣瀬智紀(32)と結婚することが17日、明らかになった。川栄は妊娠しており、年内に出産する令和ベビーとなった。

 川栄と廣瀬は連名でマスコミにファクスを送り、「入籍いたしますことをご報告させていただきます」とし、「同時に新しい命を授かることができました。出産は年内を予定しております」と、妊娠も報告した。

 2人のなれそめについては「舞台で共演させていただき、互いにひかれ、お付き合いの中で結婚を意識するようになりました」と告白している。

 川栄と廣瀬は昨年10月に上演された舞台「カレフォン」で共演したことが縁となったとみられる。共演から約8カ月のスピード結婚となった。

 川栄は出産に向けて「今後は体調を考慮しながらお仕事も続けさせていただく予定です」としている。

 また、ファンや関係者に対しては「いつもお世話になっている関係者の皆様、応援してくださるファンの皆様、本日までご報告できなかったことを心よりおわび申し上げます」とメッセージを発信。ファクスは「まだまだ未熟な2人ではございますが、あたたかく見守っていただけましたら幸いです」と結ばれている。

◆24歳年女の抱負「ガッと」肉食系

 2人は昨秋の舞台「カレフォン」でダブル主演を務めた。行き詰まりがちな派遣OLを演じる川栄の前に、2年前に亡くなった恋人の廣瀬がスマートフォンになって現れるラブストーリーだった。当時、川栄は古くなった携帯電話は「捨てる」と言い切り、自身を「男っぽい」と引っ張っていくタイプと話していた。

 AKB48卒業後、女優として成功を収めた川栄。18年には映画「恋のしずく」で初主演、CMにも多数出演。今年1月10日の晴れ着撮影会でも、亥(い)年で年女の川栄は絵馬に「猪突(ちょとつ)猛進」と書き、「ガッといけたらいいな」と抱負を語っていた。肉食系女子をアピールしていたが、すでに水面下では愛が育っていた。婚姻届は近日中に提出する。

 公式ブログでは「今は、産まれてくる子供が待ち遠しく、授かったことを本当に嬉しく思います。まだまだ未熟ですが、自分の母のような人間になれるよう家族3人助け合いながら頑張りたいと思います」とつづり、早くも母の顔も見せている。21日には映画「泣くな赤鬼」の試写会に登壇予定。令和婚、令和ベビーと幸せに包まれた川栄の発言に注目が集まる。

◆祝福コメント相次ぐ

 電撃婚に祝福も相次いだ。大手携帯会社「au」は公式ツイッターを更新し、CM「三太郎シリーズ」で織姫役を演じる川栄に「織ちゃん…じゃなくって、川栄さんおめでとうございます」とメッセージを送った。出会いとなった舞台を演出した放送作家の鈴木おさむ(47)もSNSで「僕が作った舞台『カレフォン』で出会い、結婚。いやー、めでたい!」と喜びをつづった。

◆いだてん「今後は相談」

 川栄は現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」(総合、日曜午後8時)に出演している。NHKによると、台本がまだ出来上がっていない部分もあり「今後のことは先方と相談して決める」と説明した。また、テレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11時15分)にも出演しているが、同局によると、既に撮り終えているという。

<川栄李奈(かわえい・りな)> 1995(平成7)年2月12日生まれ、神奈川県出身。2010年7月、AKB48の11期生オーディションに合格、12年3月に正規メンバー昇格。15年8月にグループを卒業、女優に転身。16年NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演。NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に出演している。また、auなど多数のCMにも出演している。

<廣瀬智紀(ひろせ・ともき)> 1987(昭和62)年2月14日生まれ、埼玉県出身。映画出演作に「踊る大捜査線 MOVIE3」(10年)、「ラブ×ドック」(18年)など。舞台では13年「弱虫ペダル」「私のホストちゃん」(13年など)「カレフォン」(18年)など多数。15年にはファースト写真集「GLITTER」も出版した。趣味は映画観賞、料理で特技はサッカーと家事といい、“家庭的”な面も。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ