トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

浜中文一、主演舞台で近松に挑む 関西ジャニーズJr.出身のイケメン

2019年4月27日 紙面から

若き日の近松門左衛門役を演じる浜中文一

写真

 関西ジャニーズJr.出身の俳優・浜中文一(31)が、舞台「THE BLANK!〜近松門左衛門 空白の十年〜」(鈴木勝秀演出)に主演することが26日、分かった。9月14〜25日に東京・よみうり大手町ホールと、同27〜29日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演される。

 江戸時代の浄瑠璃および歌舞伎の作者・近松門左衛門から9代目にあたる子孫で京都外国語大学名誉教授の近松洋男さんの著書「口伝解禁 近松門左衛門の真実」(中央公論)をベースに、門左衛門が戯作(げさく)者となる以前の謎の“空白の10年間”を描く青春時代劇。

 20代の門左衛門は古い時代の慣習やしきたりを研究する仕事に従事する武士。幕府の人間でありながら尊皇思想を持ち、後水尾上皇にも重宝された。のちに「忠臣蔵」として名をはせる大石内蔵助(当時は大石良雄)とともに赤穂藩の塩産業発展に貢献。その過程で戯作者になる礎を築いていく。

 浜中は「歴史上の偉大な人物、近松門左衛門を演じるうれしさ、そして初めて実在する方を演じることができるワクワク感を感じております」と喜びを語った上で「近松門左衛門の空白の10年。その役に選んでいただき光栄に思います。どういう道をたどり、生きてきたかを皆さんにお届けできるように精いっぱいやりたいと思います」とコメントを寄せた。

 大石役にはジャニーズJr.グループ「宇宙Six」の江田剛(31)を起用。江田は現在、東京・サンシャイン劇場で上演中の舞台「のべつまくなし」で近松門左衛門役を演じている。後水尾上皇はラサール石井(63)が演じる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ