トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

米津玄師、初映画主題歌 6・7公開「海獣の子供」に「海の幽霊」書き下ろし

2019年4月24日 紙面から

「Lemon」のミュージックビデオを手掛けた山田智和さんが撮影した米津玄師の最新ビジュアル

写真

 シンガー・ソングライターの米津玄師(28)が、6月7日公開のアニメ映画「海獣の子供」の主題歌として、新曲「海の幽霊」を書き下ろしたことが23日、分かった。

 米津は昨年、NHK「紅白歌合戦」に初出場。同番組で歌唱した「Lemon」のCDセールスと配信がこのほどビルボードジャパンの総合チャートで累計300万枚を突破した。映画の主題歌を担当するのは初めて。

 「海獣の子供」は、第38回日本漫画家協会賞優秀賞と第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した五十嵐大介さんの同名海洋冒険物語が原作。主人公の琉花役の声優には芦田愛菜(14)を起用している。

 米津は公式イメージソングを担当していたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜」をきっかけに五十嵐さんと交流を深めてきたが、配給サイドから米津に主題歌をオファーすると聞き「来るべきものが来たような、不思議な高揚を感じました」とし、楽曲については「心を高く深く広げてくれつつ、同時に着地点を示してくれるような美しい歌に出会えて、今はただ感無量です」と絶賛している。

 一方、米津も10代のころから原作を読んでいたそうで「そのすごさに圧倒されたことを覚えています。今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、さらに新しい発見をもたらしてくれます。もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです」と喜んでいる。新曲のリリースは未定。

映画「海獣の子供」のポスタービジュアル (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ