トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

風間俊介は素でも… NHKBSドラマ「おしい刑事」5・5放送開始

2019年4月23日 紙面から

NHKBSプレミアムドラマ「おしい刑事」で主役を演じる風間俊介=東京都渋谷区のNHK放送センターで(高嶋ちぐさ撮影)

写真

 俳優の風間俊介(35)が22日、東京・渋谷のNHKで、BSプレミアムの主演ドラマ「おしい刑事」(5月5日スタート、日曜午後10時)のPR会見に出席した。

 風間が演じる押井敬史は伝説の刑事。並外れた推理力を持ち、関わる事件は100%の検挙率を誇るが、間違った犯人を言い当てるなど最後の詰めが甘く、手柄を周囲に横取りされてしまう、名前通りの“惜しい”刑事だ。

 初共演となる後輩刑事役の犬飼貴丈(24)について「すごく人見知りで、撮影が3日間ぐらい空くと関係性がリセットされる。『うそだろ、あんなに語り合ったじゃないか!』と。でも、それを積み重ねていくと、ものすごく仲良くなって『落ち着いたら旅行でも行きたいね』という関係性になりました」と明かした。

 取材陣から、プライベートで手柄を横取りされたエピソードを問われると「うーん…」としばらく悩んだ末「今すぐに答えられない。それが僕の惜しいところですね…」と悔やんだ。全4話で、風間は「シリーズ化したい!」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ