トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

刑事・吉田鋼太郎VS殺人犯・賀来賢人 5/19テレ朝系ドラマSP「死命」

2019年4月16日 紙面から

刑事と殺人犯役を熱演する吉田鋼太郎(左)と賀来賢人

写真

 俳優吉田鋼太郎(60)と賀来賢人(29)が、来月19日放送のテレビ朝日系ドラマスペシャル「死命〜刑事のタイムリミット〜」(午後9時)で、刑事と殺人犯役で共演することが15日、分かった。共に病で余命宣告を受け、“死命(生死を決する急所)”に直面した2人の男が「命がけの追走劇」を繰り広げるヒューマンサスペンスだ。

 「天使のナイフ」「友罪」などで知られる作家・薬丸岳氏の小説「死命」を初めてドラマ化。吉田は主人公の警視庁捜査一課の刑事・蒼井凌を演じる。女性を狙った連続殺人事件が起こり、蒼井は余命わずかという死の恐怖に襲われながらも事件解決に奔走する。賀来は蒼井と同じく余命宣告を受けたデイトレーダー・榊信一役。命のタイムリミットに直面したことから、ずっと抑えてきた殺人衝動にかられ連続殺人に手を染めていく。

 主演の吉田は役作りで、台本から得られる人物像に合う人を思い浮かべると言い「蒼井については、僕自身が大好きで尊敬している柴田恭兵さんのイメージがいいんじゃないかなと」と明かす。柴田が人気ドラマ「あぶない刑事」シリーズで演じたスタイリッシュな刑事などを念頭に浮かべたようだが「そうなると、僕なんかが入り込む隙間はないなぁ…なんて思ったりもしながら」と笑いながら話した。

 殺人犯を演じた賀来は「実は今回、1日に5人の首を絞めるという、僕にとっては初挑戦となる撮影もあったんです。演じるのはすごくつらかったです…」と心境を吐露。それだけに「なるべく本番以外は明るく過ごしました。鋼太郎さんとも空き時間になると、くだらない話しかしていませんでしたね」と撮影を振り返った。

 ほかに榊の元恋人・山口澄乃を蓮佛美沙子(28)、蒼井とコンビを組む新人刑事・矢部知樹を中尾明慶(30)が演じる。

◆あらすじ

 若い女性の絞殺体が発見され、蒼井(吉田)は矢部(中尾)と捜査を開始。3年前の病を再発した蒼井は体調不良を覚えながらも捜査にまい進する。また、余命宣告を受けた榊は殺人衝動を抑えることはできず夜の街を徘徊。そんな中、新たな女性の遺体が発見される。蒼井は防犯カメラの映像から犯人は聴覚に障がいがあるとにらむが、聞き込み先で不意に倒れ、病院に搬送されてしまう。病院に駆けつける蒼井の娘・瑞希(山谷花純)だったが、そんな瑞希に榊が近づいていく…!?

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ