トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

高橋一生&斎藤工&滝藤賢一、あえて結婚しない「AK男子」 テレ朝系ドラマ「東京独身男子」

2019年2月19日 紙面から

“AK男子”を演じる(左から)滝藤賢一、高橋一生、斎藤工

写真

 俳優高橋一生(38)が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「東京独身男子」(土曜午後11時15分)で主演を務めることが18日、分かった。斎藤工(37)と滝藤賢一(42)も出演。3人がアラフォーになっても「あえて結婚しない(AK)男子」を演じラブコメディーに挑戦する。

 50歳まで一度も結婚したことがない男性が4人に1人いるといわれる時代。高橋らが演じる男性は仕事と趣味に没頭し、友達と充実した日々を過ごす。アラフォーになっても結婚の必要性を感じないAK男子の3人だったが、ある時を境に結婚を猛烈に意識する。しかし、待っていたのは“難婚ワールド”だった…。

 高橋はメガバンク勤務の主人公・石橋太郎(38)を演じる。斎藤演じる三好玲也(37)はバツイチの審美歯科クリニック院長。滝藤は大手弁護士事務所のボス弁・岩倉和彦(45)役だ。

 自身も独身の高橋は「僕は、周りからこじらせていると思われても、焦りを覚えないんです」と実生活でもAK男子のようだ。さらに「斎藤さんと滝藤さんも確固たる自分をお持ちで、似た匂いを感じます。そんな3人が、こじらせて七転八倒するという役を演じたらどうなるのか」と共演を楽しみにしている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ