トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

市原悦子さんのナレーション継続 テレ朝系「必殺仕事人」

2019年1月24日 紙面から

時代劇「必殺仕事人」の最新作に出演する(左から)遠藤憲一、Hey!Say!JUMPの知念侑李、東山紀之、和久井映見、TOKIOの松岡昌宏

写真

 俳優の東山紀之(52)主演の時代劇「必殺仕事人」のシリーズ最新作が今春にテレビ朝日系でスペシャルドラマとして放送される。心不全のため12日に82歳で亡くなった市原悦子さんのオープニングナレーション継続も決定。現在、京都市内で撮影に臨んでいる東山は平成最後の「必殺−」に「この作品を後世に伝えたい。その思いがさらに強くなっている」と意気込みを語った。

 市原さんが発する独特の口調がオープニングを飾る。2012年以降、おなじみとなったこのフレーズは、市原さんが亡くなっても受け継がれることになった。主人公の渡辺小五郎を演じる東山は言葉に強い意志を込め、口を開いた。

 「ぜひご一緒させていただきたかったなと思います。(17年6月死去の)野際(陽子)さんもそうでしたけど、撮影中に苦しさとか一切見せない。プロ意識は教えてもらった。次は僕らが見せていく番だと思います」

 TOKIOの松岡昌宏(42)もしみじみと語った。市原さんの代表作はドラマ「家政婦は見た!」。松岡自身もドラマ「家政夫のミタゾノ」で主演を務めており、「必殺の先輩であり、家政婦の先輩でもある。偉ぶることもなく、優しく接してくれて、すてきなおばちゃまでした」と述懐した。

 時事ネタを取り入れることで知られる作品。平成最後は、悪だくみによって突如、大金持ちに祭り上げられた若者が善と悪の間で揺れる姿を描く。東山は「平成という時代を振り返り、たくさんの災害や苦しいこともあったけど、そこから立ち直る日本人の強さを見た。別れもありましたけど、これからの出会いにも期待したい」と虚空を見つめて言った。今春。市原さんの語りとともに「必殺−」シリーズの平成を締めくくる。

◆キムラ緑子参戦「ムコ殿」も継続!?

 「ムコ殿」も継承か!? キムラ緑子(57)がシリーズの新レギュラーに決定した。野際さん演じた小五郎の義母・こうの妹、綾小路てん役として登場する。野際さんが出世せず、跡継ぎもできない主人公に「ムコ殿」と“口撃”するのは見どころの一つだった。新しい登場人物のキムラが名ぜりふを引き継ぐのか−。東山は「面白い方法で復活するのでは」とニヤリ。キムラは「こうの意志をしっかり受け継いで、うだつの上がらない小五郎のお尻をたたいていきたいと思っております」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ