トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

乃木坂46・生田絵梨花、初めてのドキドキ ミュージカル公開舞台稽古

2019年1月5日 紙面から

ゲネプロで、ナターシャ役を熱演する生田絵梨花。左はアンドレイ役の武田真治=東京都豊島区の東京芸術劇場プレイハウスで(北田美和子撮影)

写真

 俳優の井上芳雄(39)、乃木坂46の生田絵梨花(21)らが4日、東京・池袋の東京芸術劇場でミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の公開舞台稽古を行った。

 世界10大小説の「戦争と平和」を歌でつづる革新的な作品で日本初演。主人公・ピエールを演じる井上は「劇場も見たことない作り」と話せば、生田も「劇場に入ってこんなにドキドキしたのは初めて」とアピール。

 「筋肉体操」が大人気の武田真治(46)も共演。報道陣から劇中で筋肉を出す可能性を問われると、井上が「テンションが上がってきたらあるかも」。武田は「ないです」と否定し、「本業が何か見失いつつあるので、この作品で正しく戻したい」と強調。紅白歌合戦出場については「たぶん志茂田景樹さんみたいに映ったのでは?」と笑わせた。公演は5日から27日まで。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ