トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日・大島、平田準備完了 21日にも1軍合流 平田2軍戦タイムリー 大島「打撃いい」

2020年2月19日 紙面から

セカンドアップを終え、大島(左)と明るい表情で話す平田=読谷球場で(黒田淳一撮影)

写真

 中日の大島洋平外野手(34)と平田良介外野手(31)が21日からの最終クールで1軍の北谷組に合流する見込みとなった。仁村徹2軍監督(58)は18日、仕上がりに太鼓判。ともに22日のオープン戦・阪神戦(北谷)から総仕上げに入ることになりそうだ。

 開幕まで残り1カ月、頼りになる右中間コンビの準備はほぼ完了したようだ。「去年よりも自由にやらせてもらった。打撃の状態は去年よりもいい」と大島が言えば、平田は「いい状態に仕上がっていると思います」とアピール。2人ともいつ昇格しても問題ない状態に仕上げてきた。

 ともに昨年に引き続き読谷でキャンプイン。大島は「ボールの見え方がいい。きっちりと捉えられている」と強調。この日の練習試合・沖縄電力戦(読谷)こそ気温14度という環境を考慮して欠場したが「あとは1軍の試合で打ってみてどうか」と自信をのぞかせる。

 一方の平田はこの日、「1番・右翼」で出場。初回に四球を選んで出塁すると、2回1死二、三塁では中前に運び適時打に。「いい形で捉えられた」とうなずいた。気温が低く、けがのリスクもある中での志願は自信の表れ。「試合に出て試合勘を取り戻していけたら」と今後を見据えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ