トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日・橋本が圧巻チェーク!初フリーで主力斬った 動くまっすぐ、まるで岩瀬

2020年2月19日 紙面から

打撃投手を務めた橋本=北谷球場で(今泉慶太撮影)

写真

 中日のドラフト2位・橋本侑樹投手(22)=大商大=が18日、沖縄・北谷球場で初めてフリー打撃に登板。打撃投手としてビシエドや福田らと“対戦”すると、結果は42球でヒット性は6本だった。動く真っすぐに加えて、指の短さから編み出したという「チェーク」を披露すると、野手陣らは目を丸くして絶賛した。

 打席で橋本の速球を見たビシエドがケージ裏の首脳陣に問いかけた。「今のは真っすぐなのか?」。答えは真っすぐ。「動いていた。ちょっと打ちづらかった」。詰まらされ、首をかしげた。

 武田、井領、福田、ビシエドを相手に投げた。初の打撃投手が第4クールになったのは、ケガを避けたい首脳陣の配慮。一方、橋本にとってはようやくやってきたアピールの場だ。持ち球のスライダーに加えて自ら編み出した決め球も投げた。

 「フォークいきます」と宣言した決め球は、苦肉の策から生まれた。橋本の指は短い。大商大2年秋に「落ちる球がほしい」と思ってボールを挟んだ。でも、挟みきれず制球は安定しない。本来なら使わない薬指、小指を伸ばしてみた。わしづかみに近い握りにして完成させた新球だ。「使えるな、と思いました」。4年秋には京産大を相手にノーヒットノーランを達成。「フォーク」とは言っているが、チェンジアップの要素もある、いわば「チェーク」で上位指名を勝ち取った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ