トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日1位・石川昂ケガ欠場でキャッチャー石橋が人生初の三塁手に 一発含む2安打で“まさか”のチャンス生かす

2020年2月17日 23時3分

写真

 俺もいるぞ! 中日・石橋康太捕手(19)が17日、沖縄・宜野湾で行われた練習試合DeNA戦で本塁打を含む2打数2安打1打点。試合途中、人生初の三塁手として出場しながらバットでアピール。読谷組から正捕手の座を狙う。

「打撃は武器の一つ」。その言葉は結果で示す。途中出場の石橋がバットで見せた。4回の守備から登場すると6回2死で迎えた第1打席。カウント2―2から左前打を放つと8回だった。再び2死で打席へ。フルカウントから甘く入ったスライダーを強振。風の後押しも受けた打球は左中間フェンスを越えた。

 「ボールの見え方はよかった。追い込まれてもいい形で打てたと思います」と胸を張った。

 ドラフト1位・石川昂(東邦高)が欠場となったこの日、石橋が告げられたのは三塁手での出場。「びっくりはしましたけど、試合に出られるなら全然いい」と4回から人生初の三塁守備へと走った。今季から就任した武山2軍バッテリーコーチとの特守の成果もあって無失策。さらに「いつもとは真逆の景色の中で考えながらできたかな」と収穫も得た様子。どんな経験も「自分の幅を広げるため」と前向きに取り組む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ