トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日・京田が好調キープ! 「打ちにいきながらもボールの見逃し方がいい」 栗原コーチ評価

2020年2月14日 紙面から

中日−DeNA 4回裏無死、右前打を放つ京田(益田樹撮影)=北谷球場で

写真

 1軍の今季初勝利をたぐり寄せたのは選手会長のバットだった。3打席連続でHランプをともした京田。今年初となる“猛打賞”の活躍にも「まだまだなので(取材を受けるのは)辞めておきます」と多くは語らなかったが、春季キャンプの実戦では紅白戦を含めて計11打数5安打と好調をキープしている。

 この日の3安打はいずれもバットの芯で捉え、強烈な当たりで右翼前へと運んだ。ただ結果だけでなく、栗原打撃コーチが着目したのはボール球の見逃し方だった。

 「打ちにいきながらタイミングの合ったボールの見逃し方ができていたと思います」

 この日の4打席で計18球中、スイングしたのは5回。そのうち3回を安打に仕留めた。際どいボールを漠然と見逃すのではなく、打ちにいく動作をしながらもしっかりと見極めてバットを止める。栗原コーチは「ボール球でも何でも手を出してしまうのがもったいないところだった」と指摘しつつも「きょうは非常によかった」と手放しで褒めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ