トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

「プロ野球はこういうもの」若手に見せた! 中日の得点力不足解消へ平田良介がお手本体現

2020年2月12日 22時18分

3回裏1死、中前打を放つ平田

写真

 中日・平田良介外野手(31)が12日、読谷球場で行われた今季初実戦となるDeNA2軍との練習試合に「2番・右翼」で出場した。

 チームが勝つために何をすべきか。平田には、それを示す責任と技術があった。

 「ドラゴンズは得点が課題だと言われています。ホームランもいいんですけど、1本のヒットでホームにかえってくる選手が1人でも多くいれば、1試合、1点が積み重なれば全然違う」

 1回無死二塁で迎えた初打席で選んだのは進塁打だった。きっちり一ゴロ。1死三塁と絶好機を整えると、次の大島の先制二塁打を引き出した。

 昨季はリーグトップのチーム打率を誇りながら、チームの総得点はリーグ5位に甘んじた。出塁をいかに得点に結びつけるか。2軍戦とはいえ、もう2020年の戦いは始まっている。明確な課題の解消へ、お手本を体現してみせた。

 「年齢はグラウンドに出れば関係ないですが、経験のある選手が若い選手に『プロ野球はこういうものなんだな』と見せられればいい。きょうは見せることができたのではないかと思います」

 3回には中前に今季初安打。盗塁で二進し、遠藤の中前打で生還する好走塁も見せた。平田の仕事に手抜きはない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ