トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

キャンプ第1クールから実戦形式 中日与田監督「練習より実戦が分かること多い」2・4紅白戦プラン

2020年1月30日 0時26分

野国町長訪問を終え、インタビューに答える中日・与田監督

写真

 中日の与田剛監督(54)は29日、沖縄キャンプ第1クールの2月4日に紅白戦を実施する考えを明かした。

 与田監督が、若手たちの目指す一つのターゲットを示した。「4日にと考えている。紅白戦と考えている」。17日のスタッフ会議の際に、3日か4日に何らかの実戦形式の練習を実施したいとしていた指揮官。この日、キャンプ第1クール最終日となる2月4日に紅白戦を計画していると明かした。

 選手の調整具合を確認してから正式決定とするが、まずはここで初実戦と考えている。指揮官は「練習よりも実戦の方が分かることが多い」とよく話す。昨年は、実戦形式のシート打撃を第1クールの2月3、4日に実施。出番を求める選手たちには、格好のアピールの場となった。

 前夜の沖縄入りから一夜明け、与田監督は早速、北谷町の町役場を訪問し、野国昌春町長にあいさつをした。

 「町長からは『町を挙げてバックアップします』とありがたいお言葉をいただいた。私の方からは『リーグ制覇をして、みなさんに良い報告をできるように頑張りたい』とお話しした」

 いよいよ2年目のキャンプに突入する。「とにかく勝つための準備をしないといけない。オリンピックイヤーという経験のないところに挑む。不安のところもあるが、みんなで力を合わせて準備したい」。変則日程も追い風に変えながら前に進む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ