トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

新助っ人が覚えた日本語は“オッス““センパイ“中日ゴンサレス「アルモンテから教わった」和の精神

2020年1月29日 23時14分

キャンプのため沖縄入りした中日・ゴンサレス

写真

 中日の新外国人左腕、ルイス・ゴンサレス投手(28)が29日、和の精神を積極的に取り入れる考えを明かした。チームメートとともに沖縄入り。時間を厳守し、先輩を敬うことで早期にチームに溶け込む姿勢を示した。

 慣れるのは野球だけではない。「アルモンテとかからは時間を守るとか、コーチや先輩を敬うのが大事だと教わった。僕もそう思う」。初めてとなる日本のキャンプを前にゴンサレスが強調したのは、日本のしきたりへの順応だった。

 覚えた日本語にも表れていた。「コンニチハ」「アリガトウ」「オッス」に続いて口にしたのは「センパイ」。「みんなと仲良くなれば利点は多い。僕は社交的な性格だからスペイン語を教えたり、日本語を教わったりしたいね」と思い描く。

 「一番は健康に気を付けて100%の状態にすること。目指すのは優勝しかない。チームの助けになれるようにしっかり準備していきたい」。日本を愛し、チームを愛し、同僚を愛し、成功をつかみ取る。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ