トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

新外国人会見 ゴンサレス「MAX156キロで抑えは任せろ」育成シエラは「守備も見てくれ」

2020年1月26日 11時23分

入団会見で、活躍を誓うゴンサレス(右)とシエラ

写真

 中日の新外国人、ルイス・ゴンサレス投手(28)とモイセ・シエラ外野手(31)が26日、中日屋内練習場で入団会見を行った。

 ゴンサレスは自身の持ち味について「常にアグレッシブに投げること」と言い、自信のある球は最速156キロのストレートとスライダーを挙げた。来日した際に守護神候補に名乗りを上げているが、この日も希望する役割について「リリーフの方がスピードが出るし、自分に合っている。ドラゴンズでもそうなれば」と話した。

 シエラはセールスポイントを「打撃だけでなく守備も見てほしい。もちろんホームランを打てる自信もある」と話した。育成契約からのスタートだが「監督、コーチに自分の能力を見せられるように、しっかり準備をして(支配下に)上がれるようにしたい」と意気込んだ。ドミニカ共和国でのニックネームは、映画のランボーを意味する「エル レンボー」と呼ばれていたというシエラ。映画のランボーのように、日本で暴れ回り、敵を倒しまくる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ