トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

朝活は「周」散歩から 中日・高橋のキャンプ新プラン

2020年1月25日 紙面から

春季沖縄キャンプへの思いを巡らす高橋=ナゴヤ球場で(川本光憲撮影)

写真

 大阪で自主トレしていた中日・高橋周平内野手(26)が24日、ナゴヤ球場を訪れた。荷物整理などを終えた主将は、春季沖縄キャンプで宿舎から毎日ウオーキングで1軍組の北谷球場へ通う“周散歩”プランを明かした。

 「朝型の生活をしようと思います。練習前にトレーニングをやっちゃおうと思っています。歩いていけば、いろいろ考えることもできますから」

 入団9年目で初めて1軍宿舎が変わる。恩納村の「ルネッサンス リゾート オキナワ」から、グラウンドのある北谷町内の「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」への変更。昨年まではチームバスで移動したが、新たな宿舎は球場まで徒歩で15分程度。

 下見を済ませていたから温めてきた計画なのが分かる。昨年11月の秋季沖縄キャンプ。休日を使って場所と建物を確認。球場までの距離感を把握、春季キャンプの想像を膨らませていた。

 大島組の一員として遠藤、加藤らと行った大阪自主トレは23日で切り上げた。約3週間の日程を「やるべきことはやりました。体はバキバキ。張りがとれれば、いい感じになると思います」と語った。2年連続ベストナインは狙って獲ってこそ価値は高まる。周散歩は体を追い込み頭を使い、充実の沖縄キャンプにする一手になる。 (川本光憲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ