トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

田島、春季キャンプとにかく投げ込む「もう一回体で投げる感覚思い出したい」

2020年1月22日 紙面から

マウンドで投球練習する田島=北谷球場で(中嶋大撮影)

写真

 中日の田島慎二投手(30)が21日、沖縄・北谷球場で自主トレし、キャンプのテーマに原点回帰を掲げた。新人だった2012年以来の2軍スタート。体全体で投げる感覚を思い起こすため、投げ込みを重視する意向を示した。

 崖っぷちでなりふり構ってはいられない。「原点に返るじゃないけど、キャンプではとにかくボールをたくさん投げる。投げ込んで、もう一回体で投げる感覚を思い出したい」。33球の投球練習を終えた田島が言葉に力を込めた。

 昨季はプロ入り最少の21試合で0勝1敗、防御率6・86。「いいときと悪いときの波が激しかった。いいときは感覚もすごく良くて、一昨年よりも三振が取れるようになっていたけど、シーズンを通じて形を保てなかった」と分析する。

 だからいいときの感覚を体に染み込ませる。「勝負の年。多少はけがのリスクを負ってもやっていかないといけない」。肩、肘への負担は承知の上。ブルペンだけでなく、キャッチボールや個別練習の時間も有効に使うつもりでいる。

 8年ぶりの2軍スタート。「本当は1軍で1軍の監督やコーチに直接見てもらうのが良かったけど、北谷でも読谷でも取り組むことは変わらない。しっかり悔しさを持って、見返すくらいの気持ちでやっていきます」と前を向く。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ