トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

山本、回転型チェンジアップに好感触 「左バッターには逃げ気味の軌道に」

2020年1月21日 紙面から

ブルペンで投球練習する山本(川北真三撮影)

写真

 中日の山本拓実投手(19)が改良型チェンジアップに好感触を得た。20日、中日屋内練習場でブルペン入りし、56球投げた。そのうち2球投げたチェンジアップだが、これまでの抜くように投げるのではなく、回転をかけるように投げた。

 1球目のチェンジアップは捕手のだいぶ手前でバウンドした。首をかしげ、続けて投げたもう1球は、絶妙な高さから沈んだ。山本は「回転をかけようとすると、1球目みたいに引っ掛かることがあります。2球目はいい感じでした」と納得の表情を浮かべた。

 昨年12月上旬に米国のトレーニング施設『ドライブライン・ベースボール』のスタッフを招いた沖縄合宿で教わった投げ方。又吉とともに興味を抱き、実践している。少しボールの縫い目に指をかけて投げる。「左バッターには逃げ気味になります」と、より打ちづらい軌道になるそうだ。

 キャンプは1軍スタート。3年目にして初だが「焦らずに、やるべきことをやっていきたい」と口元を引き締める。昨年3勝した右腕にとって、キャンプ1軍は通過点だ。あくまで狙うは先発ローテ。チェンジアップを含め、全球種の精度を高めていく。 (島田明)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ