トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日大島、結果で恩返し レギュラー1年目に監督だった守道さんの安打記録超え目指す

2020年1月19日 紙面から

体幹トレーニングで、険しい表情を見せる大島=大阪府貝塚市内で(黒田淳一撮影)

写真

 中日の大島洋平外野手(34)が18日、高木守道さんへの感謝を込めてレジェンド超えを目標に掲げた。恒例の大阪での自主トレ中に、恩人への思いを語った。

 「レギュラーを取ったと言える年に監督をされていたのが高木さん。あの時代があったから今の自分がいる」。今や主力となった大島の転換点は2012年。大学、社会人を経たプロ3年目に初めて全試合出場を果たした。監督を務めていた高木さんは紛れもなく恩人の一人だ。

 弟が高木さんの孫と同じ愛大野球部だった縁もあり、愛知県豊橋市で焼き肉をごちそうになった。大量の料理が机に並ぶ愛情のこもったもてなしに「これは全部食べなきゃいけない…」と無理やりかき込んだことも今ではいい思い出だ。

 感謝と敬意があるからこそ、偉大な記録を目指す。「ありきたりかもしれませんけど、プロ野球選手として結果でしか恩返しできない」。高木さんの通算安打は2274本。34歳を迎えた現在、その数字まであと832本となっている。「もちろんまずは2000安打ですけど、そこが終わりではないので。高木さんを含めて先輩方も抜いていきたいです」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ