トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

右打者なのに「右に引っ張る」とは…安打中36.2%が右方向 “リーグ最強”中日・阿部の右打ち技術

2019年12月20日 紙面から

広島戦の5回裏2死、遠藤から二塁打を放つ阿部=7月9日、ナゴヤドームで(今泉慶太撮影)

写真

◇数字で振り返る2019竜戦士(8)

 36.2%。阿部寿樹が残したこの数字が語るのは、リーグ最強の右打ちの技術である。今季キャリアハイを記録した阿部の130安打を、方向別に分類した。右方向(右中間、右翼、一塁、二塁)が47本もある。今季のセ・リーグには規定打席に達した右打者が16人いるが、全安打に占める割合で最も多いのが36.2%の阿部。2番目が会沢(広島)の29.8%(104安打中31安打)で、最少はロペス(DeNA)の12.8%(133安打中17安打)だった。

 「打率が落ちた6、7月あたりに『引っ張りが多いな』って感じたんです。僕は引っ張るとゴロが多い。そのときに得意な方向へって打撃を思い出したんです。自分ではもっと右方向が多いくらいのイメージでした」

 自己分析の通り、凡打は左方向が多い。今季の躍進を支えたのは間違いなく右打ちだが、最も印象に残っているのは7月9日の広島戦(ナゴヤドーム)だという。5回に遠藤から右中間フェンスを直撃する二塁打を打った。「真っすぐをねらい、振り抜けた」という理想に近い打球だった。

 このオフから取り組んでいるのは、明白なストロングポイントのさらなる強化だ。増やしたいのは安打数や割合ではなく飛距離だ。この16人の中で、右方向への本塁打がなかったのは中村(ヤクルト、5本)、大和(DeNA、0本)と阿部(7本)だけだ。

 「フェンスまでは飛ばせるんですけど、越えられるようにしたいんです。表現としては右に引っ張るというか。そのために意識しているのは右手、右半身ですね。卓球のドライブを打つイメージです」

 広いナゴヤドームが本拠地だから量産とはいかないだろうが、ビジターを中心に数本打てれば打撃の幅はグッと広がるはず。来季は実質2年目。厳しくなる他球団の警戒網を、進化した右打ちで打ち破る。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ