トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

横浜高後輩の中日・福田永将が松坂大輔と激突熱望「一緒にやってきたことより、普通の憧れの選手として対戦したい」

2019年12月11日 18時6分

ナゴヤ球場で汗を流した福田

写真

 中日の福田永将内野手(31)が11日、西武入りが決まり、入団会見に臨んだ松坂大輔投手(39)との対戦を熱望した。

 「一緒にやってきたことよりも、普通に憧れの選手として、対戦がしたい。楽しみです」

 ナゴヤ球場でマシン打撃、キャッチボールなど行った男は、素直な気持ちを口にした。この2年間は一緒に食事するなど、同じ時間を共有。「どうなるか気になっていた」と言う間近で接した横浜高の偉大な先輩と、交流戦とはいえ真っ向勝負するチャンスができた。

 「細かい技術的な話というより、立ち居振る舞いなど教わった」と福田。熱心なファンサービスなど目の当たりにしてきた。「オンとオフはあると思うけど、僕が見る限りは、いつも松坂さんは(スーパースターの)松坂大輔だった」

 松坂が中日に加入した2018年の春季キャンプでは、松坂が打撃投手を務めた際に打席に立ち、15スイングで柵越え1本を含むヒット性の当たりが3本。一方で2度、空振りし「すごい重い球だった。なかなかフリー打撃で空振りしないのに」と舌を巻いたほどだ。

 定位置を確保し、必ず打席に立つ。「どんな形でもいいから打ちたい」。福田は少年のような顔で意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ