トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

初の猛打賞だ!中堅で美技だ!中日・根尾が台湾で躍動 先制打でノった!打率も3割に

2019年12月7日 22時29分

4回2死一、三塁で根尾が背走しながら好捕する

写真

◇7日 2019アジアウインターベースボールリーグ NPBホワイト 3ー5 社会人選抜(台湾・台中)

 台湾で開催されている「アジアウインターベースボールリーグ」に参加中の中日・根尾は7日の社会人選抜戦(台中)にNPBホワイトの「3番・中堅」でスタメン出場し、好守で存在感を発揮した。試合は3―5でNPBホワイトが敗れた。

 根尾が躍動した。雨天中止が続き、3日ぶりの試合。見せ場はいきなり初回に巡ってきた。1死二塁の好機で打席へ。フルカウントから相手先発・岩本(日本新薬)の変化球に食らいついた。中前へ転がすと二塁走者が生還。11打席ぶりの快音は先制の適時打となった。さらに2本の内野安打を放ち同リーグ初の猛打賞をマークした。

 守備でも魅せた。4回2死一、三塁。中堅後方を襲う強烈な打球を背走しながらジャンピングキャッチ。ピンチの芽をつんだ。

 根尾はここまで計11試合に出場し、40打数12安打4打点で打率を3割に乗せた。本職の遊撃に加え、秋季キャンプから本格的に取り組み始めた二塁、中堅、右翼でも先発出場。中堅での先発出場は4試合目だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ