トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

与田監督、近日キューバへ R・マルティネス残留へ政府と直談判&新戦力発掘も

2019年11月24日 紙面から

ファンにサインや握手をする与田監督=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

写真

 中日の与田剛監督(53)が去就が決まっていないR・マルティネス投手(23)の残留へ向け、近日中にキューバへ渡航することになった。球団からキューバ政府側との交渉を一任され、直接出向いて、来季の契約をまとめる。同監督はキューバに加え、ドミニカ共和国も訪れる予定で、新戦力の発掘をする。

 地球の反対側に近い、カリブ海の国、キューバに与田監督が飛ぶ。それも近日中に。全てはR・マルティネスに来季もドラゴンズのユニホームを着てもらうためだ。当然、来季も絶対に欠かせない戦力。指揮官自らの直談判で、キューバ政府にその思いを伝える。

 「私と監督で話し合って、キューバについては監督に一任することになりました。マルティネスとの交渉をなんとかね」。加藤球団代表はそう話す。球団とR・マルティネスとの間では年俸など、おおむね話はまとまっている。しかし、それで終わりでないのがキューバの選手だ。

 キューバ政府の意向で、ひっくり返ることもある。キューバ政府の合意を取り付けない限りは、決して残留は決まらない。与田監督は10月30日には駐日キューバ大使の送別パーティーに出席するなどし、良好な関係を築いてきた。そして今回、重要なミッションに臨む。

 ファンフェスタで訪れたナゴヤドームで、与田監督は「特別なことができるわけではない。今までと違うことをするのではなく、とにかく、しっかり表敬訪問して、あいさつをするということです」と口元を引き締めた。大役だが、本心からR・マルティネスを必要不可欠な存在と思っている。だから、「必要な戦力ということを含めて、あいさつにうかがいます」と言葉に力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ