トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

左翼で全試合出場だ 福田、6500万円で更改

2019年11月20日 紙面から

契約更改を終え、記者会見する福田=中日ドラゴンズ屋内練習場で(小嶋明彦撮影)

写真

 8、9月とその打力でけん引した。その点は評価してもらっての1800万円増。6500万円で更改し、福田永将内野手(31)は「レギュラーじゃないところから始まったシーズン。少しずつ存在感は見せられた。でも1年通しては納得するパフォーマンスを出せなかった」と話した。

 今季は出場105試合にとどまりながら、ビシエドに並ぶチーム最多18本塁打、チーム2番目の66打点を挙げた。打率2割8分7厘も含め、自己最高の数字を残した。

 来季こそ全試合出場。和製大砲は当然、そこを見据える。今季は左翼での出場がほとんど。秋季キャンプでは外野の練習に明け暮れた。「試合に出るのが一番。レフトが一番チャンスあるなら、しっかり準備したい。可能性があるところはどこでも、しっかり準備したい」と言う。

 右の強打者としてならしたパウエルさんがコーチに就任。福田は「ゲームでしか知らないんですよ」と笑う。指導、助言を受ける来春キャンプまでは自身を鍛え上げる。「1年間、安定して自分のパフォーマンスを出せるように、下半身をしっかり鍛えたい。バランスが崩れないよう、しっかり土台を作っていきたい」と口元を引き締めた。 (島田明)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ