トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日・与田監督が沖縄キャンプ合流 体と心両方でパワーを付ける

2019年11月1日 11時50分

沖縄秋季キャンプに合流し、京田(右)に足を高く上げるように指導する与田監督

写真

 中日の与田剛監督(53)が1日、沖縄・北谷で行われている秋季キャンプに合流した。午前は体力強化のメニューだったが、汗だくになりトレーニングする選手たちを早速、チェック。「数日間で随分、日焼けして、たくましくなった。シーズンの結果を踏まえて、力を付けていくだけ。私自身非常に悔しい、恥ずかしいシーズンだった。その意識を選手とともに来季へ向けていきたい」と話した。

 今キャンプのテーマに「体」を「操」るという体操を掲げている。その点に関しては「必死になってトレーニングしても、自分の思うように操れていない。関節が固いとか。うまく操れるようにトレーニングして、意識も持って、より強くしていきたい」と説明。さらにパワー不足を指摘し、「体と心両方で考えている。チャンスがピンチになる。そこは気持ちでパワーが足りない。技術的にはナゴヤドームでいったと思った打球がフェンス上段に当たる、野手の間を抜けない。そこを見直していかないといけない」と話した。

 秋季キャンプは10月30日にスタートしたが、与田監督は30日に東京都内で開催されたカルロス・ペレイラ駐日キューバ大使の送別パーティーに矢野球団社長、加藤球団代表とともに出席。31日に沖縄入りした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ