トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日の堂上直倫が右肘手術で全治2〜3カ月 佐藤優も右肘クリーニング手術…実戦復帰は4月か

2019年10月20日 20時18分

堂上直倫

写真

 中日の堂上直倫内野手(31)が21日に右肘の遊離軟骨除去手術を受ける。全治まで2〜3カ月で、来春のキャンプには間に合う見込み。佐藤優投手(26)も同日、右肘のクリーニング手術と軟骨の再生手術を受ける。

 堂上は今季98試合に出場し、自己最多の12本塁打を放つなど1軍でシーズンを完走。今月には昨オフに3年契約を結んでいたことを明かしていた。遊離軟骨があるのは以前から分かっていたが、今季は何度か動かしにくくなったこともあり、手術を決断した。

 昨季終盤に抑えを務めた佐藤は今季7試合で1勝0敗、防御率6・52。開幕1軍をつかんだが、4月末に2軍落ちし、そのままシーズンを終えた。右肘の違和感は昨季から抱えていたという。全治4〜5カ月で、来年4月の実戦復帰を目指す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ