トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日育成1位・松田亘哲 延長10回完投勝利 名古屋大が愛知大学リーグ3部で優勝

2019年10月20日 20時3分

愛知大学野球秋季リーグ3部の優勝を決め、喜ぶ名古屋大の松田=名商大グラウンドで

写真

 中日から育成1位指名を受けた名大・松田亘哲(ひろあき)投手(22)が20日、愛知大学リーグ3部優勝決定戦の愛知淑徳大戦(名商大グラウンド)に先発し、延長10回完投勝利でチームを3部優勝に導いた。

 タイブレークから始まった延長10回。1点差の1死満塁で決め球にしたのはカットボールだった。「前の打者を申告敬遠で歩かせてから併殺を取れるイメージがあった」。狙い通りの投ゴロ併殺打で試合を締めるとガッツポーズが飛び出した。

 ドラフト指名後初のマウンド。「緊張した」。制球が定まらず計7四死球。本来の投球とは程遠い姿だったが踏ん張り歓喜をたぐり寄せた。ネット裏から見守った松永編成部長は「よく最後まで投げた。肘の使い方は軟らかくてうまいね」と評価した。

 名大で背負う13番。そのルーツは竜の鉄腕。入学直後に複数提示された背番号の中から選択。「左の13番は岩瀬さんのイメージ。投げ方で参考にさせてもらったところもあります」と白い歯を見せた。

 入れ替え戦に駒を進めた。11月2日から名古屋経済大戦(パロマ瑞穂ほか)に挑む。「今回の投球に納得はしていない。2週間練習して頑張ります」。2部昇格を母校への手土産に有終の美を飾る。(長森謙介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ