トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

中日育成1位の名古屋大・松田「頭がまっしろ」 ノーベル賞受賞者も喜び語った講堂で

2019年10月17日 20時17分

中日に育成1位で指名され、笑顔で記者会見する松田亘哲=名古屋大で(小嶋明彦撮影)

写真

 中日から育成1位指名された名古屋大・松田亘哲投手(22)に笑みが浮かぶ。豊田講堂内に設けられた会見場は、5年前に天野浩博士がノーベル賞受賞の喜びを語った場所。文武両道のプロ野球選手の誕生である。

 「非常にうれしくて頭がまっしろです。実感がわいていないですが、すごく光栄。中日はこれまで応援させていただいていました」

 経歴は異色だ。野球少年だったが、愛知・江南高ではバレー部に在籍。それでも野球が忘れられず大学で硬式野球に取り組み、やがてプロを目指した。一流企業から次々内定をもらうチームメートを横目に、就職活動は行わず、指名されなければ独立リーグに進んででもかなえようとした夢。育成ではあるが、ここまでたどりついた。「これまで考えてやってきたので、これからも考えてやっていきたい」。魅力は未知数の伸びしろ。中学時代は150センチだった身長が高校で160センチ、大学で176センチに伸びるなど体の成長は遅かった。球速も大学1年で120キロだったが2年で140キロ、4年では148キロに。高校時代は117キロしか出なかった中日・又吉をほうふつとさせる。

 そこには松田流の計算があった。大学2年のオフにはトレーニングに加えて1日5食、計5000キロカロリー摂取で肉体改造に取り組んだ。球威に加え、走り込みで制球力もついた。計画に向かって突き進めるのも松田の強みである。

 「けがなくシーズン通して投げられる投手になりたいです。変化球とストレートのコンビネーションを見てほしい」

 会場には野球部員、OB、大学関係者ら約100人が集結し、祝福した。支配下選手、そしてプロ1勝へ。不退転の決意で進んできた松田が次のステージに挑む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ