トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

プロ2度目の犠打で先制点演出&同点2点打「2番・遊撃」根尾は4打数2安打

2019年10月13日 12時59分

1回表無死一塁、犠打を決める根尾

写真

◇13日 みやざきフェニックス・リーグ ロッテー中日(サンマリン)

 中日のドラフト1位・根尾は1回無死一塁の第1打席で投前への犠打に成功。ロッテ・中村稔の初球142キロをきっちり決めた。その後、木下拓の左前適時打による先制につなげた。根尾が犠打を決めるのは今リーグの8日の西武戦(南郷)以来プロ2度目。今季のウエスタン・リーグでは首脳陣の方針で犠打は1度もなかったが、1軍での活躍が期待される来季に備え、2番打者としての役割を果たした。

 3回2死走者なしでの第2打席はフルカウントから中村稔の内角133キロをはじき返すも三ゴロ。5回2死一塁での第3打席は1ストライクからの2球目、中村稔の137キロをたたくも中飛に倒れた。だが、2点を追う7回2死満塁での第4打席は右前への2点適時打を放つと、9回の第5打席で中前打。この日は4打数2安打2打点だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ