トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

何でも侍参上!!どこでも投げる 大野雄が代表へ臨戦態勢

2019年10月9日 紙面から

守備練習で送球する大野雄。プレミア12に向けて臨戦態勢を整える=ナゴヤ球場で(小沢徹撮影)

写真

 11月の国際大会「プレミア12」で日本代表に選ばれている中日の大野雄大投手(31)が8日、先発にこだわらない姿勢を強調した。この日ナゴヤ球場での秋季練習でブルペン入り。臨戦態勢を整え、今月下旬からの代表合宿に臨む。

 日本の勝利のためなら何でもやる。最優秀防御率に輝いた左腕の目は本気だった。「どこでも言われたところで仕事ができるように準備しておきたい。先発へのこだわりは全然ないです」。献身的な姿勢を強調した。

 通算162試合のうち、先発は158試合を占める。ただし、国際試合となると話は別だ。2015年11月の「プレミア12」ではベネズエラ戦に2番手で3イニングを1安打無失点。16年3月の強化試合、台湾戦でも2番手で2イニングを1安打無失点に抑えた。

 準備には余念がない。今季最終戦となった9月30日の阪神戦(甲子園)以来となる投球練習では打者を立たせ、ボールカウントをつけて38球を投げた。「感触は普通でした」。直球の球威、変化球の制球ともシーズン中と遜色なかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ