トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

鈴木博原点回帰、今秋は直球一本 守護神復活へ、真っすぐ取り戻す

2019年10月8日 紙面から

中日−巨人 9回表を三者凡退に抑えた鈴木博=サンマリンスタジアム宮崎で(谷沢昇司撮影)

写真

 この秋は「真っすぐ一本」を貫く。鈴木博が、みやざきフェニックス・リーグ初戦の巨人戦に4番手で登板。打者3人を8球全て直球で退けた。「自分本来の真っすぐを忘れてしまった」と苦しんだ今季を反省。原点回帰で真の守護神として復活し、チームの低迷打破への力となる。

 1−5の9回、先頭打者は静岡・磐田東高の後輩にあたる加藤だったが「後輩だな」という程度で、ほとんど意識はしなかった。この日最速の153キロで空振りさせると、2球目の152キロで力のない中飛に仕留めた。続く2人も全て150キロ台の速球でねじ伏せた。

 「腕を振って、真っすぐにもう一度磨きをかけるという、この秋自分がやろうとしたことができた。いいスタートが切れた」と言葉を弾ませた。

 今季は前半戦こそ快調にセーブを積み重ねたが、7月25日の広島戦(マツダ)を最後に出場選手登録を抹消。二度と1軍のマウンドに立つことはなかった。「いろいろ変化球を試していくうちに悪くなってしまった」

 だからこそ、この日は「自分の軸」である速球にとことんこだわった。球速にも「シーズン通り」と納得した様子。「真っすぐが良ければ変化球も良くなる」という自分本来の投球を確信した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ