トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

与田竜に恵みの雨、5連戦は回避 逆転CSへ中継ぎ陣フル回転

2019年9月23日 紙面から

練習を終え、傘を差して引き揚げる与田監督=マツダスタジアムで(今泉慶太撮影)

写真

 早々と中止が決まった。前日から「明日(22日)はどこの天気予報を見ても厳しいみたいだね」と話していただけに、与田剛監督(53)は当然、中止も想定していただろう。東京から広島という4時間に及ぶ新幹線移動後のタフなゲームは回避された。これが結果にどんな影響を及ぼすかは分からない。ただ一つ、間違いなく変わるのはリリーフ陣の起用法だ。

 「5連戦にならなかった。展開がどうなるか、連投になるのか分からないけど、(日程が)過密ではない方がいいとは思う」と指揮官は言い、「中止が良かったかどうかは分からないけど、疲労度ということだけ考えたら(いい)」と続けた。

 この中止がなければ、25日まで5連戦だった。中止分が27日に組み込まれたことで3連戦、1戦、2連戦と試合のない日を挟みながらのラスト6ゲームとなった。

 ブルペンはひと息付けた。ロドリゲスが63試合、岡田が50試合、福が48試合、チームを一時離れていたR・マルティネスは39試合、キャンプをまともに過ごしていない藤嶋が30試合。今や鉄壁のブルペンとなったが、蓄積疲労は気になるところだ。

 故障だけは絶対に避けるため、与田監督は細心の注意を払ってタクトを振るっていた。実際、4連投は前半戦最後のロドリゲスの1度のみ。逆転CSへ、負けられない戦いが続く中では、残り試合は中継ぎ陣も多少の無理は承知の上だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ