トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

木下拓が猛攻の口火!2号ソロ 柳の雄たけびを見て発奮

2019年9月22日 紙面から

ヤクルト−中日 3回表無死、木下拓が左越えに本塁打を放つ=神宮球場で(平野皓士朗撮影)

写真

 高めのボール気味の真っすぐだった。ある程度ヤマを張っていた。木下拓は思い切りバットを振り抜いた。「先頭打者でフルカウント。四球は出したくないだろうし、真っすぐが来るだろうと踏ん切りをつけていました」。左翼ポール際、打球は切れそうで切れない。チームに主導権をもたらす千金の2号ソロ。伏兵が大きな仕事をした。

 柳を援護できたのが、何よりもうれしかった。1回、先頭の塩見を空振り三振に切って取ると、柳がマウンド上で雄たけびを上げた。「柳がほえた。あれを見て、柳に負けを付けるわけにはいかないと思いました」。勝たせたい。勝たないといけないと強く思った。

 加藤が14日の阪神戦で左手を痛めた。登録抹消するほどではなかったが、数日様子を見るために、15日に昇格したのが木下拓だった。このアクシデントがなければ、亀沢の代わりは内野手が呼ばれる予定だった。巡ってきたチャンスを手放すわけにいかなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ