トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野雄、あすの広島戦「ワクワク」 「可能性がある限り目指す」

2019年9月21日 紙面から

キャッチボールで球にグラブを出す大野雄=中日ドラゴンズ屋内練習場で(小沢徹撮影)

写真

 はやる気持ちを隠そうとはしなかった。2・5ゲーム差で追う3位・広島との直接対決となる22日からの2連戦(マツダ)、初戦を任される見込みの大野雄が過去の記憶をたどった。

 「3年目以降はこうやって9月にポストシーズンを争った試合はなかったので、うれしいことやと思いますし、何かいい意味でワクワクします。久々にそういう感覚になっています」

 CSは2年目の2012年に出たのが最初で最後。「緊張しましたし、すごく燃えました」。当時は巨人とのファイナルステージ初戦で勝ち投手になった。ただ、その後は6年連続Bクラス。9月まで進出の可能性を残した昨季は不振で戦いの輪に加われなかった。

 今季は違う。開幕からローテーションの柱となり、ここまで9勝8敗。リーグ2位の防御率2・59を誇る。前回14日の阪神戦(ナゴヤドーム)では史上81人目の無安打無得点試合を達成。チームに勢いをつけた。

 「今年は10月も戦えるチャンスがある。可能性がある限りみんな目指して戦っている」。グラウンドやベンチで感じる過去6年間との違い。「ファンの皆さんも燃えていると思う」。スタンドの熱意も届いている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ