トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

9・22のC×Dはタイトル争いも大一番!? DeNA今永の乱調で大野雄にチャンス浮上

2019年9月19日 23時33分

ノーヒットノーランを達成した大野雄(中央)にウイニングボールを渡す高橋=9月14日、ナゴヤドームで

写真

◇19日 中日2ー1巨人(ナゴヤドーム)

 中日が巨人に逆転勝ちして3位・広島と2・5ゲーム差。中日、広島ともに20日は試合がなく、21日は中日がヤクルト戦(神宮)、広島は阪神戦(甲子園)となるが、22日からは中日と広島の直接対決2連戦(マツダ)。この2試合が逆転CSに向けての大一番になるが、14日の阪神戦(ナゴヤドーム)でノーヒットノーランを達成した大野雄にとっても大事な試合になる。

 この日、前日まで防御率トップだったDeNA・今永が7失点と炎上したことで2・71で3位に転落。一方、防御率2・59の大野雄は2位に浮上した。1位の広島・ジョンソンは2・44。大野雄にとっては11イニング無失点で防御率2・43となり、ようやくトップに浮上するが、ジョンソンは残り1試合登板することが予想され、悪化する可能性はある。大野雄の次回登板が予想されるのは中7日で22日の広島戦。ジョンソンの登板は21日の阪神戦もしくは22日の中日戦となりそうだが…。同時登板ならより白熱した試合になる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ