トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

2ケタ勝利達成・柳に輝くご褒美 クラウン賞!!新婚生活の足ゲット

2019年9月18日 紙面から

クラウン賞・最優秀選手に選ばれた柳裕也=中日ドラゴンズ屋内練習場で(高岡辰伍撮影)

写真

 ファン投票を基に今季最も活躍した竜戦士を選ぶ第38回ドラゴンズクラウン賞(中日スポーツ主催、愛知トヨタ協賛)の最優秀選手が17日、柳裕也投手(25)に決まった。愛知トヨタから最高級乗用車「クラウン2・5ハイブリッドRS Advance」が贈られる。優秀賞には高橋周平内野手(25)とジョエリー・ロドリゲス投手(27)の2選手が選出。さらに今季初の規定打席に到達し、二塁のレギュラーを奪取した阿部寿樹内野手(29)が特別賞に選ばれた。表彰式と投票者に愛知トヨタのハイブリッドカー「プリウスSグレード」などが当たる抽選会は、18日の巨人戦終了後にナゴヤドームで行われる。

 奮闘を続けたご褒美が待っていた。開幕からローテーションを守り、自身初の2桁勝利を達成した柳。先発投手としては2015年の大野雄以来の受賞にも謙虚な言葉が並んだ。

 「成績を見れば大野さんは防御率も僕より低いですし、野手で活躍している方もいらっしゃる。その中で自分でいいのかな、と思うのです。でも評価していただいたというのはとても光栄です」

 即戦力で入団しながら1年目の1勝、2年目の2勝と不本意なシーズンを過ごしたが、3年目の今季に一気にブレーク。ここまでチーム単独トップの10勝を挙げた。しかも24試合中17試合でクオリティー・スタート(先発6イニング以上、自責点3以下)と抜群の安定感を示した。

 そんな数字以上にチームへの貢献度も高い。苦しい先発の台所事情の中、5度もチームの連敗を止める「連敗ストッパー」ぶりを発揮。左の大野雄と並ぶ先発ローテーションの右の柱として大車輪の活躍をみせた。

 前半戦だけで9勝を積み上げ、あこがれ続けていたオールスターにも初出場。2桁勝利に王手をかけながら後半戦に入ってから2カ月の足踏みこそあったが、9月7日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で大台の10勝目を手に入れた。

 「1年間、1軍で投げることのやりがいも感じたんですけど、同じようにその難しさもヒシヒシと感じました」

 私生活でも大きな転機が訪れた。開幕前から一緒に住み始めた真子さんと8月20日に入籍。家に帰れば愛妻と手作り料理が待っている。まさに二人三脚でのシーズン。新婚生活はまだ始まったばかりで賞品の高級車は「夫婦で大切に使います」とほほ笑んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ