トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

根尾 藤浪先輩を粉砕して自己最長7試合連続H 9月は打率3割9分!1軍へ機は熟した

2019年9月16日 19時21分

写真

 藤浪先輩を粉砕だ。中日のドラフト1位・根尾昂内野手(19)が16日、ウエスタン・リーグの阪神戦(ナゴヤ)に「3番・遊撃」で先発出場し、プロ入り最長タイの7試合連続安打。5打数3安打で、5度目の3安打もマークした。好調な打棒が初回からさく裂した。1回2死。3ボール1ストライクから大阪桐蔭高の先輩・藤浪の150キロ速球にバット一閃(いっせん)。完璧に捉える右中間の三塁打だ。「監督やコーチに言われていることが、少しずつできるようになってきたのかなと思います。満足するまでいってないですけど、8月に比べれば、9月はマシかなと思います」

 

 3回の第2打席も147キロ速球を中前へはじき返し、藤浪とはこの日3打数2安打。初対戦した7月26日(甲子園)は3打数無安打だったが、前回8月10日(高岡西部)は3打数2安打。再び藤浪を打ち砕いた。9回にも左前適時打を放ち、これで9月は10試合で41打数16安打、打率3割9分と絶好調だ。ファンも待ち望む1軍昇格は「僕が決められないので、認めてもらえるように毎日しっかりやっていくだけです」。その時に備え、アピールを続けていくだけだ。(鹿嶋直樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ