トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野雄大ノーヒットノーラン【インタビュー】 「信じられない気分です。絶対に打たれるやろなと…」

2019年9月14日 17時10分

ノーヒットノーランを達成しナインと喜ぶ大野雄(中央右)

写真

◇14日 中日3―0阪神(ナゴヤドーム)

史上81人目となるノーヒットノーランを達成した大野雄のヒーローインタビューは以下の通り

ーいまの気持ちは

「満員のナゴヤドームのお客さんの前で達成できて最高です」

ー大記録を達成した

 「信じられない気分です。絶対に打たれるやろなと思って5回くらいから投げていた。最後の回はファンの皆さんの大野コールがあったんで、狙おうと思って頑張りました」

ー最後は三直

 「いい当たりやったんで、どうかなと思った。(三塁の高橋)周平がいいところにいてくれた。むちゃくちゃ喜んじゃいました」

―飛び跳ねた喜びを表現した

 「ちょっとやりすぎかもしれないけど、一生に一回達成できるかどうかだし、喜びを表現しちゃいました」

ー立ち上がりの手ごたえは

 「前回の登板に続いて立ち上がりがよくて狙ったところに投げられた。でも前回より球は走っていなかったけど、コントロールよく、コースにきっちり投げられた」

ー味方の援護もあって迎えた後半は

 「どっかで打たれると思った。(6回)2死二塁からの京田の(ファイン)プレーで、もしかしたらあるかなと思った」

ー6回のリプレー検証もあった

 「あれで無理に打者と勝負しなくてよくなった。四球が出せると。エラーはしゃあないと思って切り替えられた」

ーナゴヤドームでは13年前の山本昌以来2人目

 「いまでも信じられないけど、山本昌さんと名前が一緒に残るのはうれしいこと。加藤は途中で代わったけど、加藤と大野奨太さん、あとは野手の皆さんに感謝したい」

ーナインからどんな声をかけられたか?

 「みんな何も言ってこなかった。僕は気付いていた。もちろん。みんな静かになるもんですね、やっぱり」

―すごいことをやり遂げた

 「先日、ソフトバンクの千賀選手が達成したときに『ため息を聞きたくなかったので頑張った』というのを思い出した。俺はため息をつかせそうやなと思いながら投げていた」

―これで9勝目、4年ぶりの2桁勝利が見えてきた

 「最後までそこを狙っていきたい。チームも連敗していたし、そこを止められたのもよかった」

―次のマウンドへの気持ちは

 「しっかり1週間調整して次のマウンドに向かいたい」

ーファンの皆様にひとこと

 「本当にこのノーヒットノーランは皆さんと一緒に達成したもの。きょう1日はこの喜びに一緒に浸って、またあしたからドラゴンズが勝っていけるように応援よろしくお願いします」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ