トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

天敵・平良撃ち、ビシ4連勝弾 CSへ熱い思い「今年こそ」

2019年9月7日 紙面から

中日−DeNA 3回裏無死一塁、ビシエドが勝ち越しの中越え2ランを放つ(今泉慶太撮影)=ナゴヤドームで

写真

 ついに天敵をやっつけた。中日は6日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で序盤から打線が爆発し8−4で快勝した。ダヤン・ビシエド内野手(30)の2ランなどで、今季白星を献上し続けたDeNA先発・平良を4回途中でKO。巨人・菅野に続く苦手攻略で、上位進出へ、また一つ壁を乗り越えた。

 豪快なフルスイングが天敵を打ち砕いた。同点の3回無死一塁でビシエド。ファウルで粘って迎えたカウント2−2からの7球目。先発・平良が投じた外寄りのスライダーを仕留めた。低い弾道で飛び出した打球はバックスクリーンへ一直線。試合の流れをぐっと引き寄せる17号2ランだ。

 「集中していい球がきたら打つことだけ考えていた。いいホームランだったと思う」。今季4度対戦し3勝を献上した平良を攻略する一発。過去の対戦含め、初めて黒星を付けた。

 まだ終わらない。3点リードの4回2死一、三塁では2番手・藤岡のスライダーを左前へ。追撃の適時打は、今季86打点目となった。この日は2つの四死球を含めて全打席で出塁。2安打3打点と4番の役割を果たした。与田監督も「大きかったですね。非常にいい打球でした」とビシエドの一発を称賛した。

 責任感の強い男だ。4日の巨人戦(前橋)で自打球が左足に直撃し途中交代。病院での診断は左足関節内側の打撲。実は患部が腫れていたという。だが翌5日の同カード(東京ドーム)。首脳陣から「無理しなくていい」と打診されても首を横に振りフル出場。「いけると思ったから出たんだ」。クライマックスシリーズ(CS)を目指すチームにあって1試合でも欠場する選択肢はない。練習を軽めに切り上げ、試合だけに備えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ