トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

松坂との契約「白紙であることに変わりない」 中日・加藤球団代表、直接会談で意思確認へ

2019年8月29日 20時34分

キャッチボールで調整する松坂=ナゴヤ球場で

写真

 中日・加藤宏幸球団代表(60)は29日、2軍で調整中の中日・松坂大輔投手(38)の来季の去就に関して白紙であると同時に、今後、会談を持つ考えを改めて示した。

 甲子園球場で報道陣の取材に応じた加藤代表は「現時点で白紙であることには変わりない」と話す一方、「本人の意思を確認した方がいいのではと思っている」と言葉を紡いだ。

 松坂が右肘の炎症を訴え、21日に検査をしていることには「彼はこれからも投げる意思があるから検査していると思う。自分で直接聞いたわけではないが、伝え聞く彼の希望は現役続行と理解している」と話した。ただ「直接聞いていないから」と前置きし、松坂と会談する方針。「確認したうえで判断材料の一つになるかもしれないが、それで来季も契約となるかどうかは分からない」と明言は避けた。松坂が現役続行を表明イコール契約更新にはならないことを明かした。

 加藤代表は松坂が右肘の検査をした21日も、来季の契約は白紙であると説明。「あれだけの人だからちゃんと話をしないといけない」と会談の場を持つ意向を示していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ