トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

高橋周平、侍ジャパンの三塁奪取だ! 11月開催「プレミア12」1次候補に

2019年8月29日 20時21分

雨天中止になり、引き揚げる高橋

写真

 侍ジャパンのホットコーナーを頂く! 中日の高橋周平内野手(25)が、11月に行われる「プレミア12」の一次候補に選ばれていることが分かった。来夏に行われる東京五輪にもつながる大事な国際大会で、今季ブレークを果たした高橋が侍ジャパンの三塁レギュラー奪取へ、その一歩を踏み出す。「とにかく今はシーズンに集中するだけ。まだシーズン途中なので特に意識はしていないです」。高橋は冷静に話したが、自国開催での五輪にもつながる大会への思いは強いはずだ。

 故障明けでのリストアップも実力が認められたからこそ。7月には一塁へのけん制球に帰塁際に右手をベースに突いて小指の靱帯(じんたい)を断裂。1カ月間の戦線離脱を経て8月16日に1軍復帰した。けがでのブランクがありながら、23日の広島戦(ナゴヤドーム)では決勝打を含む猛打賞の活躍を見せ、打率も3割1分をマークする。

 6月19日には侍ジャパンの稲葉監督が西武戦(ナゴヤドーム)を視察。高橋を侍ジャパンの「候補者」と明言し、「コンパクトに振れている印象。国際大会の動く球に対応していけるかなと思います」と評価していた。

 打撃力だけでなく、鉄壁の守備も大きな魅力。昨年の日米野球では三塁で広島・田中広、西武・外崎らが出場したが、まだ“本命不在”のポジションとも言える。高橋が侍ジャパンのレギュラー奪取へチャンスは十分だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ