トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

決勝弾の中日・阿部「勝ったのが一番」 竜ニガテの対青柳は11打数5安打

2019年8月29日 0時19分

6回表、先制ソロを放った阿部(手前)を迎えるナイン(谷沢昇司撮影)

写真

 湿った空気を切り裂く打球が、左中間スタンドに届いた。小笠原に初勝利をもたらす決勝弾。それでもシャイな立役者は決して破顔することはない。中日・阿部が静かに喜びをかみしめた。

 「チームが勝ったのが一番です。スライダーは頭にあったので引っ掛かってくれたのかな。追い込まれてから、甘いボールをしっかり捉えられたので良かった」。

 毎回走者を出しながらもあと1本が出ず、無得点で迎えた6回1死の場面だった。初球はカットボール、そして青柳が4球続けたスライダー。カウント2―2から真ん中に入ってきた123キロを逃さなかった。2試合連続の6号ソロで嫌なムードを吹き飛ばした。

 試合前の時点で青柳の被打率は左打者の3割3分5厘に対し、右打者は2割6厘。中日でもビシエドや平田が苦しめられてきた。ところが阿部はこれで11打数5安打。「打ちにくい」と表現する相手を攻略できている理由は“目付け”にある。

 「右打者からしたら、あのツーシームはどうしてもゴロになってしまうので難しい。外のスライダーも厳しいところは打てない。全部を全部追おうとせずに、甘め甘めに目を置いているのがいい結果になっている」

 規定打席に到達し、今季の安打数も初の3桁に乗せた。打率はヤクルトの山田哲やDeNAの宮崎を上回る。「マスター」の愛称も定着し、名古屋では街を歩いていて、声を掛けられるようにもなった。それでもスタンスは変わらない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ