トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】WHIPって何?藤嶋の驚異的数字

2019年8月28日 紙面から

キャッチボールで調整する藤嶋(谷沢昇司撮影)

写真

 雨中の練習を終え、着替えた藤嶋に「WHIPって知ってますか?」と聞いてみた。

 「何か聞いたことはあるんですけど、よくわかってないんですよ」

 投手を評価する指標の一つで、被安打+与四球を投球イニングで割る。要するに1イニングあたり、自分の責任で何人の走者を出しているかを示している。大リーグでは公式記録なのだが、実は藤嶋のWHIPが大変なことになっている。

 19イニングを投げて0.53。防御率が0.00なのだから当然かもしれないが、この数値は優秀の上に超がつく。例えばセ・リーグ最多セーブの山崎(DeNA)が1.13で、パ・リーグの松井(楽天)でも0.78。同じく最多ホールドもセのジョンソン(阪神)が0.84で、パの宮西(日本ハム)が0・80。つまり藤嶋は球界屈指のリリーバーである。そんな話をしていると、小林正人球団広報がなぜか胸を張っている。

 「世界一。実は怪物…。WHIPといえば、黙っていられません。僕のことをそう書いてくれたのは、中日スポーツなんですから」。そんなことがあったのか! 過去記事を調べてみたら、2011年オフに見つかった。左のショートリリーフとしてリーグ連覇に貢献した小林さんのWHIPは、驚異の0.55だった。最多勝&最優秀防御率の吉見が0.87で、MVPの浅尾が0.82。そんな両輪を上回る数値は、その年の大リーグにもいなかった。

 「そうなんですか。点を取られないようにと思って投げていますけど、ランナーを出さないにこしたことはないですからね。じゃあ30イニング投げて、コバさんを超えられればいいですね!」。藤嶋は元気よく答えてくれた。

 ちなみに先発投手の目安は1.20以下がエース級と言われているが、大野雄は1.08でリーグ2位。少なくともWHIPでは7勝7敗の投手ではない。藤嶋ともども、誇っていい数値である。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ