トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエド、落合に挑む! 4年連続月間MVPへ

2019年8月27日 21時23分

練習中、カメラに笑顔を振りまくビシエド

写真

 伝説の打者に並び立つ! 中日のダヤン・ビシエド内野手(30)が、候補に挙がっている8月の月間MVPに意欲を燃やした。受賞となれば来日した2016年から4年連続。中日の選手では落合博満以来の偉業達成だ。

 竜の主砲に新たな勲章が加わるチャンスが来た。8月の月間MVP候補に挙がっているビシエド。「素晴らしい賞だからね。もちろん取れたらうれしいよ」と意欲をみせる。受賞となれば、希代の大打者に肩を並べることになりそうだ。

 1975年に創設された月間MVPでは、これまでの連続受賞年数はイチロー(オリックスなど)の7年が最長。外国人選手ではラミレス(ヤクルトなど、現DeNA監督)が4年連続受賞しているが、T・ウッズ(中日)、バレンティン(ヤクルト)は3年。4年連続となればまさに超一流の証しだ。

 中日の打者、投手を含め、4年連続での受賞は、1988年〜91年の落合博満(中日)以来、2人目の快挙となる。そのことを知らされると「そうなのかい? それはうれしいことだよ。落合さんは素晴らしいバッターだからね」と三冠王を3度獲得した大打者と並ぶ栄誉に笑みをみせた。

 今月は22試合に出場し、85打数33安打の打率3割8分8厘。今月に入って無安打に終わったのはたった1試合だけ。7月末には3割4厘だった打率を2分近く一気に上げ、現在は3割2分1厘と首位打者争いに顔を出す。リーグ2位にまで順位を上げた。今季の142安打、81打点も、タイトルを狙える位置につけている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ