トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

3度目は…松葉ハートで鷹戦好投

2019年8月25日 紙面から

ウエスタン・リーグのソフトバンク戦に先発した松葉=ナゴヤ球場で(高岡辰伍撮影)

写真

 中日・松葉貴大投手(29)が24日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(ナゴヤ)に先発し、6イニングを投げ6安打1失点と好投した。試合は中日が0−1で敗れた。

 同じ相手に3度やられる訳にいかない。強い気持ちを持ってマウンドに上がった松葉が、しっかりと試合をつくり、最少失点に抑えた。

 「2軍とは言え、ソフトバンクに2回やられているので。(捕手の)桂としっかり話をして投げました。調子はそんなに良くなかったけど、その中でも大事なところでしっかりコースに投げられたと思います」

 最速143キロの速球と変化球とのコンビネーションで若鷹打線に立ち向かった。唯一失点した2回は無死一、三塁から二ゴロ併殺の間に奪われたもの。1回と5回は、それぞれ三塁に走者を背負っても失点を許さず、要所で本領を発揮した。

 門倉2軍投手コーチは「インサイドであったり、緩急を付けたり工夫していた。シーズン中はずっと調子がいいときばかりじゃないので、その中で抑えて本人も1つ参考になったと思う」と話した。

 シーズンも残すところ約1カ月。「他球団でも移籍した選手が活躍しているので、自分も1日でも早く戦力になりたい。いつ呼ばれてもいいようにしっかり準備をしていきたい」。移籍後初の1軍昇格に向け、アピールする。 

 (鹿嶋直樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ