トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大谷翔平の球、数多く受けた男が認めた 大野奨「梅津は翔平そっくり」【記者メモ】

2019年8月22日 23時1分

お立ち台で喜ぶ梅津(左)とビシエド(伊藤遼撮影)

写真

◇22日 中日7―4巨人(ナゴヤドーム)

 あれは6月9日のナゴヤ球場だった。「翔平そっくりですよ」。声の主は大野奨だった。同日の昼すぎ、球場隣の屋内練習場で行われたシート打撃で梅津と東洋大バッテリーを組んでいた。

 冒頭の言葉は後輩の球を初めて受けた感想。「翔平」とはもちろん、古巣の日本ハムでバッテリーを組んだエンゼルスの大谷のことだ。

 「フォークを投げ始める前、1年目の途中くらいかな。投げるシルエットや球の質だったりが似てるなと思いましたね」。その言葉に、記者はワクワクした。

 梅津本人も「憧れている選手なので、そう言ってもらえるとうれしいです」とニコリ。この日、登場曲に選んだロックバンド「ALEXANDROS(アレキサンドロス)」の「月色ホライズン」は、大谷が出演するCMソングだった。(長森謙介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ