トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

根尾が右ひじ痛で離脱、試合出ず名古屋へ 「話すことは何もない」

2019年8月18日 12時0分

遠征先から名古屋へ戻った根尾

写真

 中日ドラフト1位・根尾昂内野手(19)が18日、ウエスタン・リーグ広島戦(周南)の出場を回避し、同日朝、広島の2軍宿舎から名古屋に戻った。右肘付近に張りを訴えたもよう。また2年目・伊藤康祐外野手(19)も同様の症状を訴え、名古屋へ帰った。

 午前11時ごろにナゴヤ球場へ戻った根尾は、伊藤康とともに球場隣の屋内練習場でランニングや軽めのダッシュなどで汗を流した。練習後は「僕の口から話すことは何もないです」と口をつぐんだ。関係者の話を総合すると、台風の影響で試合が中止になった15日、広島の宿舎での練習で行われたウエートトレーニング中に違和感を覚えたという。 

 小笠原2軍監督は「疲れがたまっていたようなので、無理させないように帰した。20日から始まる試合(対愛知大学野球連盟選抜、対東海地区大学野球連盟選抜)に出られるように、2日間休ませるという判断」と説明した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ